受講者満足度が高いと評判の資格講座、諒設計アーキテクトラーニングはどのような内容なのか、その口コミ評価を徹底調査し、わかりやすく解説していきます。

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判サイトイメージ
MENU

ネット社会に強くなる!「ホームページWEBデザイナー資格取得講座」

ネットなしの社会は考えられない

総務省が発表したインターネットの利用動向によると、パソコンや携帯電話などの情報通信機器の世帯普及率はかなり高くなってきています。

2015年末の時点でパソコンは76.8%、携帯電話やPHSは95.8%となっています。

またスマホに関しては72%とこれまた普及が進んでいます。

年齢で利用率を見ると、13歳から59歳までは各階層で9割を超える利用率です。

こうした統計を見ると、インターネットが生活に非常に密着したものになってきたことがよく分かります。スマホを手にしている人は街中にあふれていますが、ネットがなくなった世界は今では考えられなくなっています。

だからこそネットに関わる技術を身につけておく事は将来の仕事や今の仕事において重要なことと言えます。例えばWEBデザイン技術です。

WEBサイトは多くの人が1日に複数回閲覧するものだと思いますが、サイトの質がよければ多くの人はそこにしばらくとどまるでしょう。WEBデザインスキルが高ければ、会社にとっても有用な働きをすることにつながると言えます。

WEBデザインを自宅学習で学ぼう!

WEBについてたくさん学びたいという人であれば、通信講座の利用が役立ちます。自宅で少しずつ着実にWEBデザインのノウハウやスキルを高められれば便利です。そんな通信講座の一つに諒設計アーキテクトラーニングの「ホームページWEBデザイナー資格取得講座」があります。

この講座はWEBを学ぶ最初の一歩として組まれた講座です。WEBデザイナーに必要な知識やテクニックはいろいろです。

HTML、XHTML,CSSといった知識は必須とされており、DreamweaverなどのWEBオーサリングツールの操作テクニックや、JavaScriptなどのプログラム言語の知識、配色やレイアウト、グラフィックソフトの操作テクニックなど、サイトを作るのに必要な事はたくさんあります。

また現場によって知識や技術、ルール、使用するソフトウェアが異なる場合があるので、シビアな部分があります。本講座はどの現場でも共通で必要とされるHTML、XHTML,CSSの知識を重点的に学習できるので、ムダがありません。

資格を取得してネットの世界をより楽しもう

この講座を受講して試験を受けるか卒業課題を提出するかすると、WEBデザイン関連の資格を得る事ができます。

日本デザインプランナー協会主催の「ホームページWEBデザイナー」資格ですが、これを持てばWEBデザインに対して一定以上の知識とセンスとスキルを持っている事が認定されます。

今IT業界で働いているという人や、これからネット関連の仕事を始めたいという人には身に付けたノウハウやスキルが役立つでしょう。講座の詳細は公式サイト「https://www.designlearn.co.jp/web/」を参考にできます。


  • TOP